• ホーム
  • お前らに朗報!薄毛割引!「ハゲ割」

お前らに朗報!薄毛割引!「ハゲ割」

ストレス社会の現代、年齢に関係なく薄毛に悩まされている男性は多いです。
進行の仕方は人それぞれですが、多くの場合頭頂部から薄くなるためどうしても華がない印象になり、周りの目が気になって自分に自信が持てなくなってしまいます。
中途半端に生やしておくよりはマシだとスキンヘッドにする方も中にはいらっしゃいますが、職業柄そういった工夫ができない方も少なくありません。
何かと悪く言われたりバカにされたりしがちでネガティブなイメージが強いかもしれませんが、そんなイメージが覆される新しいサービスが広まりつつあります。
それが「薄毛割引」通称「ハゲ割」です。
サービス内容はいたってシンプルで、薄毛割引を行っているお店で薄毛であることを自己申告すると通常価格よりもお得になるというものです。

ハゲ割を行っているお店は全国各地にあり、宿泊施設、飲食店などジャンルも多岐にわたります。
お店によっては薄毛だけでなくボッチ(ひとりでいること)やデブであればさらに大幅な割引をすると宣伝しているところもあります。
ほとんどのお店が自己申告制になっていて、店員さんに声をかければハゲ割が適用されます。
しかし判断基準はお店の独断によるものなので、適用されるかどうかは店員さん次第です。
周りの目が気になって自己申告するのが恥ずかしい方も多いでしょうが、お店から薄毛を指摘するわけにもいかないためお客さんから声をかけてもらうシステムにしているお店がほとんどです。
利用の際はちょっとだけ勇気を出して声かけしてみましょう。
気の許せる仲間と遊びに行く際にジョークのひとつとして利用するのも手です。
あまりにも優遇されると嬉しいやら悲しいやら複雑な気持ちになる割引サービスですが、思い切って楽しんでみると金銭的にお得になるだけでなく気持ちも前向きになるかもしれません。
損な思いをするばかりではなく、たまにはいい思いをしてみませんか。

ハゲ割にもある「注意すべき点」とは?

そんな嬉しいハゲ割ですが、いくつか注意点があります。

まずは先ほども述べたように「適用されるとは限らない」点です。
あくまで店長さんや店員さんの主観で適用するか否かが決められるため、お店の方が適用するほどではないと判断すれば断られてしまうこともあります。
自己申告した上に断られるというのはなんとも納得いかない話ではありますが、サービスの特性上仕方ないでしょう。
また、薄毛が理由ではなくあえて剃っているおしゃれなスキンヘッドも断られる可能性があります。
割引されると決め込んで行くのではなく、通ればラッキー程度の気持ちで行くのがおすすめです。

もうひとつは「ハゲ割を申請する際は、事前予約が必要な場合がある」ことです。
主にホテルなどの宿泊施設での注意点ですが、当日飛び込みの利用だと割引が適用されない場合があります。
しかし、まれに飛び込みでも自己申告したところ割引してもらえたという例もありますので、まずは思い切って申告してみるのがおすすめです。
また、系列のホテルだとしても店舗によってハゲ割を実施しているところとしていないところがあるため事前の確認が重要です。
実施店舗では公式ホームページで宣伝していたり、ポスターが貼られていたりするはずなのでよく見てみましょう。
支払い方法ですが、ネットから予約した場合でも現金支払いでないと適用されません。
当日フロントでハゲ割を申請し確認してもらう必要があるため、事前のネット支払いなどは不可です。
クレジットカードであれば可能な場合もあります。
詳細は事前に利用店舗にしっかり確認すると、トラブルが減って安心です。
周りの目が気になって肩身が狭くなりがちですが、決して恥ずかしいことではありません。
こういったサービスを利用して前向きにイベントを楽しんでいきましょう。