• ホーム
  • かつらの値段とデメリット

かつらの値段とデメリット

薄毛や円形脱毛症、抗がん剤治療の影響などによって頭髪が少なくなり、かつらを使用することを考える方は多いようです。
『頭髪がないこと』は悪いことではないはずですが人目を気にし、世間に馴染むためにといった意味合いでかつらやウィッグを使っているというケースが多くみられます。

また、イベントで仮装する際や女装、地毛の金髪を隠すためのウィッグなど、病気の影響でなくてもファッションとしてのかつらを楽しんでいる方も多いようです。
そのため市場には、様々な色や形のかつらが存在しています。

一口に『かつら』といっても、その種類は様々。
トップだけを隠すようなヘアピースもあれば、地肌に直接貼るタイプのもの、帽子のようにかぶるフルウィッグタイプもあります。
その方の状態によって、最適なタイプを選び活用していく形になります。

そして形状だけでなく、かつらの毛質にも種類があります。
ファッションウィッグなどにも使われている人工毛のかつらは、比較的値段が抑えられることが多く手軽に入手することができます。
洗浄などのお手入れも非常に簡単で、ドライヤーをかけない、熱湯につけないなどの注意点を守ればとても手軽に活用することができます。
しかしそのデメリットとして、独特のツヤや質感があるためにかつらであることが周囲に悟られやすいということが挙げられます。
また、カラーリングやパーマを施すことはできません。

それに対し人毛のかつらは、非常に自然に見えるためかつらであることが周囲に分かりにくいというメリットがあります。
元々が人間の髪の毛なので、カラーリングやヘアセットも通常と同じ要領で行うことができます。
しかし、人工毛に比べ材料の入手が難しいため、どうしても値段が高くなる傾向があるのがデメリットです。

このように様々な形や素材があるかつらですが、具体的に購入を考える場合、どこで買うことができるのでしょうか。
その購入方法について、解説していきます。

かつらはどこで買えるの?

かつらを売っている場所は、大きく分けて二つ挙げられます。
実物を置いてある実店舗と、インターネット通販です。
そのどちらにもメリットとデメリットがありますので、その点についてお話します。

まずは実店舗での購入ですが、こちらは何と言ってもその質を手にとって確かめられるということ、実際に試着して自分に似合うかどうかを確かめられるというメリットがあります。
お店によっては似合うようなヘアカットを施してくれたり、アフターケアがしっかりしていたりするのも安心できるポイントです。

しかしその反面、売っている店舗が少ないので住んでいる場所によっては入手が難しいこと、そして全体的に値段が高いというデメリットもあります。
安くても10万円前後、ロングヘアや全人毛のかつらだと30~40万円前後からと考えておいたほうが良いでしょう。

反対にインターネット通販での購入は、いつでもどこでも商品を見比べて、自宅に届けてもらうことができます。
市販の店でかつらを購入している姿を見られたくない…という方にも、おすすめできる購入方法です。
また、人毛かつらの取り扱いが多い実店舗に対し、インターネット通販では人工毛の手軽なかつらも多く取り扱っているのが特徴的です。
店舗を構えないため値段が抑えられ、入手しやすいというのも嬉しいポイントです。
中には、送料を含めて3~4000円から購入できるものもあります。

しかし、その最大のデメリットは試着ができないということ。
自分に似合うかどうか確かめることができないままかつらを買うのは恐い、という意見も多く聞かれます。
そういう場合には、口コミや一般の方のブログなどを検索し、自分に似合うかどうかの参考にしてみるのが良いでしょう。
実店舗で試着した『自分に似合うスタイル』を覚えていたら、それに似た形のものを探してみるのも良い方法です。

かつらを買う際のメリット・デメリット、その値段の違いなどを比較してみました。
自分に最適な方法で、自分に似合う最高のかつらを見つけましょう。