• ホーム
  • フィンペシアはプロペシアのジェネリックで安い!

フィンペシアはプロペシアのジェネリックで安い!

おでこの生え際の髪をかき上げている男性

画期的なAGA治療薬として有名になったプロペシアには、いくつかのジェネリック医薬品が存在します。
インドの大手製薬会社が製造しているフィンペシアもそのひとつです。
ジェネリックは有効成分が先発医薬品と全く同じですから、効き目も同じと考えられますが、開発費用がかかっていないだけ安いという特徴があります。
本来は特許権の関係で、一定の期間はジェネリックの発売は禁止されていますが、インドの国内法は日本とは違うので、フィンペシアも完全に合法な製品です。

フィンペシアの主成分であるフィナステリドは、AGAを引き起こす変性型男性ホルモンの生成を阻害する作用があり、続けて服用することで脱毛を防止する効果が期待できます。
統計によって違いはありますが、実際に服用した人の多くが脱毛予防や発毛促進の効果を実感しており、日本皮膚科学会でもAGAの治療薬として推奨している医薬品です。
ただし男性ホルモンに関係ない女性や子どもは服用できません。
特に妊娠中の女性は、胎児に悪影響を与えるため禁忌とされています。

フィンペシアが効果を発揮するまでには、短くても2~3か月はかかるため、即効性がないからといって止めてしまわず、気長に服用しつづける必要があります。
また脱毛を止める効果はありますが、発毛は自然のヘアサイクルに委ねることになり、服用を中止すると効果も中断するのが特徴です。
したがっていつまでもフサフサの髪を維持したいなら、長期にわたってフィンペシアを飲みつづけなければなりません。

今のところ日本では、一部の医療機関でフィンペシアを取り扱っていますが、多くのクリニックでは高額なプロペシアが処方されています。
そのためフィンペシアは個人輸入代行サイトから購入する方が大部分です。
個人輸入は診療費などがかからず、自宅で気軽に購入でき、何よりも費用が安いというメリットがあるため、同じ薬を長期間使用しつづける場合には人気が高い方法です。
では、どのぐらいの費用を節約できるのでしょうか。

フィンペシアを10年使った場合の費用対効果予想

フィンペシアは基本的に1日1錠を服用すればよく、1錠あたりの費用は安いところで25円程度です。
これを1年に換算すると1万円ぐらいになるので、10年間使った場合の費用は約10万円ということになります。
よく薬を使いつづけると耐性ができて、効果がなくなるとか薄れるとかいう人がいますが、フィナステリドはそんなことはなく、むしろ長期間使うほど発毛効果が実感できるという研究結果が出されています。

正規品のプロペシアは1錠あたり250円程度で、1年で10万円ほどかかり、10年使った場合は約100万円かかることになります。
それでも確実な発毛効果があるなら安いと思うかもしれませんが、予想される効果はフィンペシアと全く同じです。
経済的にはかなり大きな違いが出ると言えるでしょう。
→通販でフィンペシアを買うならこちら

また、皮膚科学会が推奨しているもうひとつのAGA治療法として、自毛植毛手術を挙げることができます。
この方法は一度定着すればアフターケアの必要がなく、半永久的に効果が続くのが特徴です。
ただし一時的に多額の費用がかかります。
安いクリニックでも1000本の植毛で30万円以上かかり、1000本程度では頭全体をカバーすることはできないのが普通です。
トータルでは100万円~200万円以上になることも珍しくありません。

市販の育毛剤やエステサロンは確実性という点で治療薬に及ばず、また費用も必ずしも安いとは言えないのが実態です。
安い既製品のカツラは桂であると気づかれてしまう可能性が高く、オーダーメイドの高級品は100万円以上かかるのが一般的です。
このように考えると、フィンペシアはAGAの治療法としては、かなり高い費用対効果の期待できる方法と言えるでしょう。

人気記事一覧