• ホーム
  • 父も祖父も薄毛です、諦めるしかないでしょうか

父も祖父も薄毛です、諦めるしかないでしょうか

男性は父や祖父が薄毛の場合、自分の将来は薄毛になって禿になると諦めてしまうことがあります。
薄毛は遺伝と知られていて諦める人も少なくありませんが、父や祖父が薄毛であっても必ずしも自分が禿げるとは限りません。

薄毛は遺伝と深い関係はあります。
特に男性型脱毛症のAGAは遺伝の確立が25%程度はあると言われ、4人に1人は遺伝することになります。
万が一遺伝で祖父や父のように薄毛になる可能性があっても、必ず薄毛になるということでもありません。

男性型脱毛症AGAは遺伝の影響もありますが、男性ホルモンの影響が大きいです。
男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという変換酵素にDHTという物質に変化しますが、このDHTが髪の毛のヘアサイクルの成長期の期間を短くする因子を増加させてしまいます。
この影響でヘアサイクルが短くなって髪の毛が十分に育たず、短く細い毛が多くなって髪の毛が抜けてしまいます。
テストステロンの分泌量に個人差はないものの、5αリダクターゼは遺伝によって分泌量は異なり、5αリダクターゼの分泌量が薄毛に影響を与えているということになります。
男性型脱毛症AGAでの抜け毛は額の生え際やつむじ周辺に多くみられるのは5αリダクターゼがこの周辺に多いことが影響していると考えられます。

祖父や父が薄毛の場合、遺伝することはありますが、薄毛になりやすい遺伝を受け継いでも全員が薄毛になるということではなく、遺伝以外にも薄毛になる要因はあります。
男性型脱毛症もそうですが、頭皮を清潔に保つためには大量のシャンプーを一度に使って洗髪したり、気になって1日に何度もシャンプーをしたりするなど頭皮の皮脂を落としすぎている場合には頭皮トラブルにつながって、薄毛のリスクも高くなります。
喫煙や過疎の飲酒、栄養が偏った食事や睡眠不足など生活習慣や食生活が不規則である場合も薄毛を招く要因となるので、諦める前に薄毛を予防のために、食生活や生活習慣も見直す必要はあります。

薄毛の遺伝は母方からと聞くけど本当?

父や祖父だけではなく、薄毛の母方の遺伝子も気になるものです。
薄毛の遺伝は母方からと聞くこともありますが、薄毛の遺伝子はひとつの遺伝子で決まるということではありません。

薄毛の要因にはX染色体のアンドロゲンレセプターという男性ホルモンの受容体があり、アンドロゲンレセプターはDHTとの結びつきやすさが薄毛になるかどうかに影響します。
男性はX染色体を母親から受け継ぎ、女性はX染色体を両方の親から受け継ぎます。
男性が持っているX染色体は母方の父、母の両方の遺伝を受け継いだものです。
女性はAGAを発症しないと言われており、母親だけを見ても禿げるかはわからないのですが、母方の祖父が禿げている場合には母親から受け継いでいる可能性は考えられます。

父や祖父、母方の祖父が禿げている場合、遺伝子を受け継いでいるかが気になる場合には、病院で検査することもできます。
検査は髪の毛や口の中の粘膜などを採取して調べるため簡単に検査ができるため、専門のクリニックや病院などで検査をすると良いです。
父や祖父をみて諦めるよりも検査で本当に遺伝しているのかを知っておくことで不安が解消され、髪の毛の抜け毛が増えないように対策することができます。

母方の両親が髪の毛が薄い場合は遺伝子を引き継いでいる可能性はありますが、全員が引き継いでいるということではありません。
髪の毛の薄さはひとつの遺伝子で決まるものではないため、睡眠を十分にとり、運動や禁煙をするなど規則正しい生活習慣や、外食や脂ものが多い食事を見直して栄養バランスの整った食事を摂るように心がけることも抜け毛を予防して将来髪の毛が薄くならないよう抜け毛を予防することも大切なことです。

人気記事一覧